サブカルディア

ゲーム攻略情報メインのサブカルブログ

FE風花雪月

【FE風花雪月】完全版!ユニット別おすすめクラスチェンジ・育成方法

更新日:

『FE風花雪月』全ユニットのおすすめのクラスチェンジルートを紹介します。難易度ハードにも対応。これだけでエンディングまで快適にプレイできます。

主人公

ベレト/ベレス

成長率:45-45-35-45-45-45-35-30-45
得意:剣術/格闘術/指揮
苦手:
才能開花:信仰

高水準でバランスのいい成長率。クラス成長率の影響が出やすい。専用武器が剣なので剣術を伸ばすのがセオリー。「サンダーソード」で魔力も活かせる。専用職は物語が進むと自動で解禁されるので、それまでは強力なスキルを集める。専用職は魔法を使えるので信仰D「ライブ」を覚えておくと便利。

育成ルート 平民★→剣士★→ブリガンド★→アーチャー★→ニルヴァーナ★
技能レベル 斧術C→弓術C→剣術S+/信仰D
装備スキル 剣術/鬼神の一撃/命中+20/聖なる力/剣の達人
強スキル「鬼神の一撃」「命中+20」を習得するルート。今作はブリガンドやアーチャーでも剣を振れるので育成は楽。速さが伸び悩んだらソードマスターかアサシンで補強するといい。

黒鷲の学級(アドラークラッセ)

エーデルガルト

成長率:40-55-45-45-40-30-35-35-60
得意:剣術/斧術/指揮/重装
苦手:弓術/信仰
才能開花:理学
スカウト:不可

速さが伸びれば非常に強くなる。専用武器が斧なので斧術を伸ばすのが定番。「ボルトアクス」で魔力も活かせる(「鋼の斧」を錬成)。序盤は騎士団「帝国弓兵隊」や錬成武器「鉄の斧+」で命中を補うと格段に使いやすくなる。専用武器「アイムール」の固有戦技「狂嵐」は異常に強い。

育成ルート 貴族★→剣士★→ブリガンド★→ウォーリアー→アーマーロード→カイゼリン
技能レベル 剣術D→斧術S+/重装A+
装備スキル 斧術/速さ+2/鬼神の一撃/斧の達人/重さ-5
強スキル「鬼神の一撃」を習得して専用職になるルート。初級職は剣士が理想だが戦士でも問題ない。斧術と重装を伸ばすだけなので育成も簡単。エースユニットとして活躍してくれる。
育成ルート 貴族★→剣士★→ブリガンド★→ドラゴンナイト→ドラゴンマスター
技能レベル 剣術D→斧術B/飛行C→槍術C/斧術A/飛行A→斧術S+/飛行S+
装備スキル 斧術/最大HP+5/速さ+2/鬼神の一撃/斧の達人/飛行特効無効
専用職のメリットは魔力と魔防が少しだけ伸びやすいくらいなので、専用職を捨てて飛行職になるルート。専用武器の固有戦技「狂嵐」との相性も抜群で、ぶっちゃけ専用職より使いやすい。

ヒューベルト

成長率:35-30-55-45-45-35-25-40-35
得意:弓術/理学/指揮
苦手:斧術/信仰/飛行
才能開花:槍術
スカウト:不可

魔道士として理想的な成長率。射程1-3の魔法も習得する。ヒューベルトが覚える魔法は「黒魔法」ではなく「闇魔法」なので「黒魔法回数×2」などの効果がないのが難点。最終職は兵種スキルに「闇魔法の達人」を持つダークナイト。序盤からグループ課題で馬術を上げるといい。

育成ルート 貴族★→修道士★→メイジ★→ウォーロック→ダークナイト
技能レベル 理学A→槍術C/馬術A→理学S+/馬術A+
装備スキル 理学/魔神の一撃/闇魔法射程+1/闇魔法の達人/移動+1
魔道士の定番ルート。「魔神の一撃」が非常に強力。最終職は兵種スキルに「闇魔法の達人」を持つダークナイト。終盤になるが理学S「闇魔法射程+1」を覚えるとグッと使いやすくなる。
育成ルート 貴族★→修道士★→ダークメイジ★→ダークビショップ★
技能レベル 理学S+
装備スキル 理学/蛇毒/生命吸収/闇魔法射程+1/闇魔法の達人
ウォーロックの兵種スキルの恩恵を受けられないのでダークビショップと相性がいい。最終職をダークビショップにするならメイジをマスターする必要はない。「魔神の一撃」は重複しないため。

ドロテア

成長率:40-20-40-45-40-35-15-35-40
得意:剣術/理学
苦手:馬術/飛行
才能開花:信仰
スカウト:魅力/指揮

ヒューベルトには及ばないが魔道士として十分な成長率。射程1-3の魔法も習得する。使用回数が1回とはいえ、射程3-10の「メティオ」が非常に強力。ウォーロックの兵種スキル「黒魔法回数×2」で2回になる。白魔法も信仰Cで「リブロー」を覚えて便利。サブの回復役として活躍できる。

育成ルート 平民★→修道士★→メイジ★→ウォーロック
技能レベル 理学A/信仰C→理学S+
装備スキル 理学/最大HP+5or魔力+2/魔神の一撃/黒魔法射程+1/黒魔法の達人
魔道士の定番ルート。2回使える「メティオ」が非常に強力。信仰は「リブロー」を覚えるCあれば十分。兵種スキルに「黒魔法の達人」がないグレモリィになる必要はない。

フェルディナント

成長率:50-45-20-40-50-40-35-20-40
得意:剣術/槍術/斧術/馬術
苦手:
才能開花:重装
スカウト:技/重装

得意技能を活かしてソシアルナイトにするのが定番。斧術も得意なのでブリガンドの「鬼神の一撃」を取れば火力も十二分。重装が才能開花するのでグレートナイトに向いている稀有なユニットでもある。グレートナイトにならない場合でも、重装を伸ばして重さをマイナスするスキルを覚えておくといい。

育成ルート 貴族★→兵士★→ソシアルナイト→パラディン
技能レベル 槍術B/馬術B→槍術S+/馬術A+/重装A+
装備スキル 槍術/最大HP+5or守備+2/槍の達人/移動+1/重さ-5
無難にパラディンを目指すルート。余裕があればブリガンドの「鬼神の一撃」を取るといい。速さを補う重装C+の「重さ-3」、重装A+の「重さ-5」も有力な選択肢。
育成ルート 貴族★→兵士★→アーマーナイト★→フォートレス→グレートナイト
技能レベル 斧術B/重装B→斧術B+/重装A/馬術B+→斧術S+/重装A+/馬術A+
装備スキル 斧術/金剛の一撃/斧の達人/重さ-5/移動+1
得意技能から見るとグレートナイトに最も向いているユニット。「守備」は物足りないが追撃を見込める、機動力のある壁になれる。「守備」のクラス成長率はフォートレス>グレートナイト。

ベルナデッタ

成長率:35-35-20-55-50-25-20-30-35
得意:槍術/弓術
苦手:剣術/斧術/格闘術/重装
才能開花:馬術
スカウト:力/弓術

馬術が才能開花するのでボウナイト向き。耐久も低いので素直に弓を持たせるのが吉。力の低さは個人スキルや錬成武器「鉄の弓+」、ドーピングで補強する。個人スキルを活用できるかで評価が分かれるユニット。ベルナデッタの個人スキルは、ドロテアの個人スキルと相性が悪い。

育成ルート 貴族★→戦士★→アーチャー★→スナイパー→ボウナイト
技能レベル 弓術A→槍術C/馬術A→馬術A+
装備スキル 弓術/最大HP+5/力+2/命中+20/移動+1
ベルナデッタの定番ルート。序盤から馬術も上げるといい。馬術は「移動+1」を覚えるA+まで上げよう。個人スキルは他ユニットの「鉄壁の備え」で発動させると安全。

カスパル

成長率:55-45-25-45-45-40-30-20-25
得意:斧術/格闘術
苦手:弓術/理学/指揮
才能開花:
スカウト:力/格闘術

ウォーマスターを目指す。格闘術を使いたい場合でもブリガンドを経由して「鬼神の一撃」を取るのがセオリー。格闘術はウォーマスター「必殺+20」や格闘術S「格闘必殺+10」、錬成武器「キラーナックル+」、「必殺の指輪」や騎士団の能力値補正で必殺率を限界まで高めてからが本番。

育成ルート 貴族★→戦士★→ブリガンド★→ウォーリアーorグラップラー→ウォーマスター★
技能レベル 斧術S+/格闘術S+
装備スキル 格闘術/鬼神の一撃/切り返し/格闘必殺+10/格闘の達人
斧術と格闘術を上げ続けるだけ。序盤は特効武器や間接攻撃できる武器がある斧を使い、終盤は強力な武器を他ユニットと取り合いにならない格闘術を使うのが無難か。

ペトラ

成長率:45-40-25-50-60-45-30-15-35
得意:剣術/斧術/弓術/飛行
苦手:理学/信仰
才能開花:
スカウト:技/馬術

ドラゴンマスターを目指すのがおすすめ。今作のドラゴンマスターは非常に強い。ブリガンドをマスターして「鬼神の一撃」を取るのを忘れずに。余裕があれば兵士の「引き戻し」を取るといい。飛行と「引き戻し」の相性は抜群。戦略の幅が大きく広がる。今作の剣は不遇。剣は置くといい。

育成ルート 平民★→兵士★→ブリガンド★→ドラゴンナイト→ドラゴンマスター
技能レベル 槍術D→斧術C→斧術B/飛行C→槍術C/斧術A/飛行A→斧術S+/飛行S+
装備スキル 斧術/最大HP+5or守備+2/鬼神の一撃/斧の達人/飛行特効無効
初級職はできれば兵士をマスターしたい。がっつり育成するなら弓使いの「命中+20」を取る。聖人像と「知識の宝珠」を活用しよう。再移動は「行軍の指輪」と相性がいい。
育成ルート 平民★→戦士★→ブリガンド★→アーチャー★→スナイパー
技能レベル 斧術C→弓術S+
装備スキル 弓術/最大HP+5or力+2/鬼神の一撃/命中+20/弓の達人
「鬼神の一撃」を取って弓使いになるルート。ペトラは技と速さが伸びるので弓使いにも向いている。弓使いは2人いると敵の複数の飛行を捌くのに便利なので有力な選択肢のひとつ。

リンハルト

成長率:30-30-45-40-40-45-30-45-20
得意:理学/信仰
苦手:斧術/格闘術
才能開花:
スカウト:魔力/理学

ビショップを目指すのがセオリー。紋章も回復役向き。魔防が伸びるのでドーピングしておくと終盤の「サンダーストーム」を使い切らせるのに活躍する。理学も伸ばして攻撃魔法を覚えておくと便利。男性なのでグレモリィにはなれないが、グレモリィは回復役としてはビショップに劣るので問題ない。

育成ルート 貴族★→修道士★→プリースト→ビショップ
技能レベル 理学C/信仰A
修道士はマスターして「引き寄せ」を習得しておく。戦略の幅が広がる。理学は「シェイバー」を覚えるCまで上げれば十分か。しかし信仰もAで十分だし、うーん。

青獅子の学級(ルーヴェンクラッセ)

ディミトリ

成長率:55-60-20-50-50-25-40-20-55
得意:剣術/槍術/指揮
苦手:斧術/理学
才能開花:馬術
スカウト:不可

力の成長率は全キャラ中トップ。HP・技・速さ・守備の成長率も高く、間違いなくエースユニットになれる。専用武器は槍なので槍術を伸ばす。物語が進むと専用職になれるので、それまでは優秀なスキルを集めるのがおすすめ。騎馬系の兵種になると速さの成長率が下がるので注意。

育成ルート 貴族★→兵士★→アーチャー★→ロード→ハイロード→マスターロード
技能レベル 槍術D/弓術C
アーチャーの「命中+20」を習得するルート。これだけで十分強い。余裕があれば聖人像のボーナスと「知識の宝珠」を活用してブリガンドの「鬼神の一撃」を取る。

ドゥドゥー

成長率:60-50-15-30-20-25-50-10-30
得意:槍術/斧術/格闘術/重装
苦手:信仰/馬術/飛行
才能開花:
スカウト:不可

成長率も得意技能も個人スキルも壁役向きのユニット。極端に低い速さはクラス成長率で補おうとすると失敗しやすいので、素直に重装系の兵種になるのがおすすめ。攻撃≦防御だとノーダメ、ハードでも無意味な攻撃を仕掛けてくるので、今作の重装系は強い。

育成ルート 平民★→戦士★→アーマーナイト★→フォートレス
技能レベル 斧術B/重装B
無難に強い育成ルート。重さを気にする必要がないので「鋼の斧」などの重い斧や各種盾と相性がいい。魔法には注意。

フェリクス

成長率:45-55-30-45-55-40-30-20-30
得意:剣術/弓術/格闘術
苦手:理学/指揮
才能開花:理学
スカウト:速さ/剣術

剣士らしく技と速さが伸びる。それに加え力も伸びるのだから弱いわけがない。が、今作の剣は間接攻撃の手段に乏しかったり、最上級職のエピタフが地雷だったりと不遇。弓が強いこともあり、弓使いにするほうが使いやすい。弓の射程の長さで耐久の低さを補える。

育成ルート 貴族★→剣士or戦士→アーチャー★→スナイパー
技能レベル 弓術A
弓使いルート。「青獅子の学級」には弓使い向きのアッシュがいるが、弓使いは2人いるくらいでちょうどいい。

メルセデス

成長率:30-25-50-45-40-30-25-45-40
得意:理学/信仰
苦手:剣術/槍術/斧術/重装
才能開花:弓術
スカウト:魔力/弓術

「青獅子の学級」で唯一信仰が得意なユニットなのでビショップを目指すのがセオリー。個人スキルと紋章も回復役向き。「リブロー」「レスト」「リザーブ」など回復魔法を多く覚える反面、「サイレス」「ワープ」「レスキュー」などの戦略の幅が広がる魔法は覚えない素直な性能。

育成ルート 貴族★→修道士★→プリースト→ビショップ
技能レベル 信仰A
セオリー通りビショップを目指すルート。攻撃に参加できるよう理学も上げるといい。最終的にグレモリィになることもできるが、グレモリィは回復役としてはビショップに劣る兵種。

アッシュ

成長率:35-35-25-55-50-40-20-35-25
得意:斧術/弓術
苦手:理学
才能開花:槍術
スカウト:魅力/槍術

力の成長率が低いので、まずはブリガンドの「鬼神の一撃」を取るとグッと使いやすくなる。その後は強クラスの弓使いになるか、ドラゴンに乗って個人スキルと相性のいい飛行ユニットになるか。

育成ルート 平民★→戦士★→ブリガンド★→アーチャー★→スナイパー
技能レベル 斧術C/弓術A
「鬼神の一撃」で火力を確保してスナイパーを目指すルート。完成は遅くなるが力がヘタりにくく、最後まで火力に困らないのが特長。基本的にはこれでいい。
育成ルート 平民★→戦士★→ブリガンド★→ドラゴンナイト→ドラゴンマスター
技能レベル 槍術C/斧術A/飛行A
個人スキルの「鍵開け」は飛行ユニットと相性がいい。クラス成長率でHP・力・守備を補える。が、他の飛行ユニットに鍵を持たせればいいというのも正論。

アネット

成長率:25-30-50-50-35-35-20-30-35
得意:斧術/理学/指揮
苦手:弓術/重装
才能開花:
スカウト:魔力/信仰

「青獅子の学級」の魔道士枠。魔力と技は伸びるが重要な速さが伸びにくい。速さが伸びると化けるので全力でドーピングしよう。紋章持ちなので魔法攻撃射程+2の英雄の遺産「テュルソスの杖」を持たせると使い勝手が良くなる。「テュルソスの杖」はローレンツの外伝で手に入る。

育成ルート 貴族★→修道士★→メイジ★→ウォーロック
技能レベル 理学A
魔道士の定番ルート。メイジの「魔神の一撃」で火力は十二分。指揮も得意なので「共鳴魔法:氷」などの強力な計略を使える騎士団を配備できるCまでは伸ばしておくといい。

シルヴァン

成長率:55-45-30-35-50-35-40-25-40
得意:槍術/斧術/馬術
苦手:弓術
才能開花:理学
スカウト:魅力/理学

女主人公だとかならずスカウトできる模様。成長率はHP・力・速さ・守備が高い。が、速さは騎馬系の兵種の成長率補正のせいで並程度に落ち着きやすい。技の低さが欠点だが、今作は命中を補う手段が豊富なので気にならない。錬成武器や「命中の指輪」、騎士団の能力値補正でカバーしよう。

育成ルート 貴族★→兵士★→ソシアルナイト→パラディン
技能レベル 槍術B/馬術B
定番のパラディンルート。「引き戻し」が非常に便利。斧術も得意なのでソシアルナイトになる前にブリガンドの「鬼神の一撃」を取って火力を補強してもいい。

イングリット

成長率:40-35-35-40-60-45-30-40-45
得意:剣術/槍術/馬術/飛行
苦手:
才能開花:
スカウト:技/飛行

ソシアルナイトとペガサスナイトに適性がある。「青獅子の学級」にはシルヴァンがいるのでペガサスナイトにするのがセオリー。「飛燕の一撃」で重い武器で追撃して火力を確保する。力さえ伸びればエースユニットになれるので、強力な武器やドーピングで火力を補強しよう。魔法武器とも相性がいい。

育成ルート 貴族★→兵士★→ペガサスナイト★→ファルコンナイト
技能レベル 剣術C/槍術A/飛行B+
序盤は「鋼の槍+」などの重い武器や特攻武器、「サンダーソード」で火力を確保する。終盤は「ルーン」や「アッサルの槍」などの英雄の遺産や神聖武器で火力を確保する。
育成ルート 貴族★→兵士★→ブリガンド★→ドラゴンナイト→ドラゴンマスター
技能レベル 槍術C/斧術A/飛行A
ブリガンドの「鬼神の一撃」で火力を補強し、ドラゴンナイトのクラス成長率で能力値のバランスを取るルート。斧術は得意ではないのが難点だが、ペガサスナイトより断然使いやすかった。

金鹿の学級(ヒルシュクラッセ)

クロード

成長率:35-40-25-60-55-45-30-25-55
得意:剣術/弓術/指揮/馬術/飛行
苦手:槍術/信仰
才能開花:斧術
スカウト:不可

専用武器が弓なので「弓術」を伸ばすのがセオリーです。弓使いとして文句なしの「技」と「速さ」です。「斧術」が才能開花するので、ブリガンドの「鬼神の一撃」を取りにいくのがおすすめ。ブリガンドのクラス成長率でHPと「力」も補われ、隙のない能力値になります。

育成ルート 貴族(★)→戦士→ブリガンド(★)→アーチャー(★)→スナイパー→ドラゴンロード→バルバロッサ
技能レベル 斧術C/弓術A
強スキル「鬼神の一撃」「命中+20」を取りにいく、成長率にも無駄がない育成ルート。本当に強い。ヒットアンドアウェイが非常に強力なので「行軍の指輪」「風呼びの靴」と相性がいい。

ローレンツ

成長率:55-40-40-45-40-25-30-40-35
得意:槍術/理学/馬術
苦手:格闘術
才能開花:
スカウト:魅力/理学

ダークナイトになるためにデザインされたかのような得意技能です。「力」と「魔力」の成長率は同じですが、試験技能や習得スキル、クラス成長率の関係でメイジ経由のほうが圧倒的におすすめです。ちなみに、彼の外伝で手に入る「テュルソスの杖」は魔法攻撃射程+2という、とんでもない装備品。

育成ルート 貴族(★)→修道士(★)→メイジ(★)→ウォーロック→ダークナイト
技能レベル 槍術C/理学A/信仰D/馬術A
メイジを経由してダークナイトを目指す育成ルート。強スキル「魔神の一撃」が魅力。「信仰」をDにして「ライブ」を覚えておくと便利。「馬術」はグループ課題で伸ばすとスムーズ。

ヒルダ

成長率:50-45-25-30-50-35-35-20-50
得意:槍術/斧術
苦手:信仰
才能開花:重装
スカウト:魅力/斧術

「斧術」を伸ばすのがセオリーです。が、女性なのでウォーマスターになることはできません。ウォーリアーでも十分な活躍をしてくれますけどね。「技」の成長率が低めなので「命中の指輪」や錬成武器、騎士団の能力値補正で命中をカバーしましょう。

育成ルート 貴族(★)→戦士→ブリガンド(★)→ドラゴンナイト→ドラゴンマスター
技能レベル 槍術C/斧術A/飛行A
「飛行」得意ではないが、歩兵だとウォーリアー止まりなので、ドラゴンマスターを目指すのがおすすめ。得意でない「飛行」Aは結構きついので、序盤からグループ課題で伸ばすといい。

ラファエル

成長率:65-50-15-35-15-35-45-10-25
得意:斧術/格闘術/重装
苦手:弓術/理学/馬術
才能開花:
スカウト:力/重装

成長率も得意技能も壁役向きのユニットです。極端に低い「速さ」はクラス成長率で補おうとすると失敗しやすいので、素直にアーマーナイト系を目指すのがおすすめです。今作は攻撃≦防御だとノーダメ、ハードでも無意味な攻撃を仕掛けてくるので、今作のアーマーナイト系は強いです。

育成ルート 平民(★)→戦士→アーマーナイト→フォートレス
技能レベル 斧術B/重装B
素直に壁役になる安定ルート。「命中の指輪」や錬成武器、騎士団の能力値補正で命中を補うといい。魔法には弱いので「サイレス」を使えるユニットがいると壁役がさらに安定する。

リシテア

成長率:20-15-60-60-50-15-10-25-25
得意:理学/信仰/指揮
苦手:剣術/槍術/斧術
才能開花:剣術
スカウト:魔力/信仰

「魔力」「技」「速さ」が伸びやすく、それ以外は伸びにくいという極端な成長率を持ちます。魔道士として申し分ない能力値になりますが、打たれ弱いのに射程1-3の魔法を覚えないのが難点です。ので「テュルソスの杖」など射程が伸びる装備品を持たせると劇的に使いやすくなります。

育成ルート 貴族(★)→修道士(★)→メイジ(★)→ウォーロック→グレモリィ
技能レベル 理学A/信仰A/指揮C
女性魔道士の定番ルート。ウォーロックになると「守備」が底上げされる。「指揮」も得意なので「共鳴魔法:雷」など強力な計略を持つ騎士団を配備できるCまで伸ばしておくといい。

イグナーツ

成長率:35-35-30-50-50-55-25-35-25
得意:剣術/弓術/指揮
苦手:飛行
才能開花:理学
スカウト:技/指揮

打たれ弱いので弓使いにするのが定番です。弓使いとして十分な「技」「速さ」の成長率に加え、弓使いと相性のいい個人スキルを持ちます。個人スキルの命中+20は非常に強力。反面「力」の伸びは悪く、補強する手段にも乏しいです。今作の弓使いは強いので積極的にドーピングしましょう。

育成ルート 平民(★)→戦士(★)→アーチャー(★)→スナイパー
技能レベル 弓術A
定番の弓使いルート。イグナーツの強みは「ロングボウ」の射程ギリギリでも、敵が深い森にいても安定して攻撃を当てられる命中の高さ。魔法武器の「魔法の弓」も活かしやすい。

マリアンヌ

成長率:35-20-50-40-40-35-15-45-40
得意:剣術/信仰/馬術/飛行
苦手:格闘術/重装
才能開花:槍術
スカウト:魔力/馬術

「信仰」「馬術」に加えて「槍術」が才能開花するのでホーリーナイトに向いている稀有なユニットです。が、ホーリーナイトは兵種スキルに「白魔法回復+10」がないので、回復役としてはビショップに劣る兵種です。回復役に専念するならビショップのままでいいでしょう。

育成ルート 貴族(★)→修道士(★)→プリースト→ビショップ→ホーリーナイト
技能レベル 槍術C/信仰A/馬術A
「信仰」を伸ばして回復役になる育成ルート。「サイレス」はアーマーナイト系と相性がいい。ホーリーナイトを目指す場合「馬術」をグループ課題で伸ばすとスムーズ。

レオニー

成長率:40-40-20-55-60-40-40-15-40
得意:槍術/弓術/馬術
苦手:
才能開花:
スカウト:力/槍術

ボウナイトを目指せと言わんばかりの得意技能ですが「金鹿の学級」にはクロードとイグナーツがいるので騎馬ユニットにするのがおすすめです。反対に「金鹿の学級」以外だと弓使いがおすすめ。「守備」が伸びるので、敵の弓使いを釣り出せる弓使いになれます。

育成ルート 平民(★)→兵士(★)→ソシアルナイト→パラディン
技能レベル 槍術B/馬術B
「金鹿の学級」全体のバランスを考慮し、騎馬ユニットになる育成ルート。欲しい能力値の成長率は十分なので、使いやすいユニットになる。騎馬ユニットの「引き戻し」は非常に便利。
育成ルート 平民(★)→戦士→アーチャー(★)→スナイパー→ボウナイト
技能レベル 槍術C/弓術A/馬術A
得意技能を活かしてボウナイトを目指す育成ルート。ぶっちゃけイグナーツより使いやすい。「金鹿の学級」以外でスカウトして使う場合は弓使いルートのほうがおすすめ。

その他

加入が遅くなるユニットが多いので、聖人像の強化や「知識の宝珠」、副官を使って育成するといい。

フレン

成長率:25-25-55-45-35-15-25-50-45
得意:槍術/信仰
苦手:重装/馬術
才能開花:
スカウト:EP.7開始時に自動加入(帝国ルートで離脱)

魔力・魔防は伸びるが、HP・速さ・守備が伸びないので、敵に追撃されてあっさりやられることも多々。得意技能も紋章も回復役向きだが、加入時には回復役が育っていることや、使いやすい「リブロー」を覚えないのが難点。踊り子にするにも心許ない耐久。個人スキルは非常に優秀。

育成ルート プリースト→貴族★→修道士★→プリースト→ビショップ
技能レベル
サブの回復役として育成する無難なルート。貴族の「最大HP+5」と修道士の「引き寄せ」は育成の手間に対して優秀なので、彼女を使うなら取っておきたい。「知識の宝珠」を活用しよう。

マヌエラ

成長率:50-35-35-40-60-35-30-25-50
得意:剣術/信仰/飛行
苦手:理学/重装
才能開花:
スカウト:11月~/Lv.

意外にも力=魔力、全キャラ中1位タイの速さと、イングリットに似た成長率。サブの回復役になるか、飛行系の兵種になるか。サブの回復役になる場合、白魔法はサポート系の魔法を多く覚える。飛行系の兵種になる場合、力さえ伸びればエース級の活躍ができる。残念ながら踊り子にはなれない。

育成ルート プリースト→平民★→修道士★→プリースト→ビショップ
技能レベル
サブの回復役になるルート。「リブロー」は覚えないが「サイレス」や「ワープ」など便利な魔法を覚える。理学が苦手なのは残念。攻撃手段に乏しく、経験値を稼ぎにくい。
育成ルート プリースト→平民★→兵士★→ペガサスナイト★→ファルコンナイト
技能レベル
ペガサスナイトになるルート。攻撃を受けないように運用する兵種とはいえ前線に出るので、平民に戻って「最大HP+5」を取るといい。飛行系の兵種と相性のいい「引き戻し」も覚えたい。
育成ルート プリースト→平民★→兵士★→ブリガンド★→ドラゴンナイト→ドラゴンマスター
技能レベル
イングリット同様、ドラゴンナイトは非常におすすめ。クラス成長率と「鬼神の一撃」で火力を確保できる安定ルート。初級職は兵士がおすすめ。やはり飛行の「引き戻し」は便利。

ハンネマン

成長率:40-30-55-45-20-35-25-40-35
得意:弓術/理学/馬術
苦手:重装/飛行
才能開花:
スカウト:11月~/Lv.

高い魔力の成長率と理学A+で覚える「メティオ」が魅力だが、重要な速さが低い。クラス成長率で補うのも難しいので、重装系の兵種を相手にしたり、ドロテアに次ぐ「メティオ」要員として割り切るのがいいか。敵将に4回も撃ち込めばクリアできるステージも少なくない。

育成ルート メイジ★→貴族★→修道士★→メイジ→ウォーロック
技能レベル
得意な理学と魔力の高さを活かしてウォーロックに。馬術も得意なのでダークナイトにも適性があるが、速さの成長率はさらに下がり、「メティオ」の回数も1回になる。

セテス

成長率:50-45-35-50-50-25-30-25-45
得意:剣術/槍術/斧術/指揮/飛行
苦手:馬術
才能開花:
スカウト:EP.12開始時に自動加入(帝国ルート以外)

重要なステータスがすべて伸びやすい素晴らしい成長率。得意技能も文句なし。強クラスのドラゴンマスターを目指せる。が、まずはブリガンドの「鬼神の一撃」を取らせよう。ドラゴンマスターは斧術A推奨なので、武器は斧に持ち替えてもいい。難点は支援相手が少なくなりやすいことくらい。

育成ルート ドラゴンナイト→貴族★→兵士★→ブリガンド★→ドラゴンナイト→ドラゴンマスター
技能レベル
「最大HP+5」「引き戻し」「鬼神の一撃」を取ってドラゴンマスターになるルート。エース級の活躍ができる。加入時期が遅いので「最大HP+5」「引き戻し」は切ってもいい。

ツィリル

成長率:35-20-15-40-40-30-10-10-15
得意:槍術/斧術/弓術/馬術/飛行
苦手:理学/信仰
才能開花:
スカウト:8月~/Lv.(帝国ルートで離脱)

今作の「良成長」持ち。すべての成長率+20という破格の個人スキルなのだが、素の成長率が低めなので壊れた能力値にはならない。とはいえ技と速さは十二分、物足りない力もブリガンドの「鬼神の一撃」で補うことができ、ドラゴンマスターとボウナイトに適性があって弱いわけがない。

育成ルート 平民★→兵士★→ブリガンド★→ドラゴンナイト→ドラゴンマスター
技能レベル
「最大HP+5」「引き戻し」「鬼神の一撃」を取ってドラゴンマスターを目指す安定ルート。若干低めの力の成長率を「鬼神の一撃」とクラス成長率で補うことができる。
育成ルート 平民★→ブリガンド★→アーチャー★→スナイパー→ボウナイト
技能レベル
弓を持ってボウナイトを目指すルート。そのままボウナイトを目指してもいいが、力が伸び悩んだときの保険に「鬼神の一撃」を取っておくといい。「鬼神の一撃」を取った弓使いは強い。

カトリーヌ

成長率:50-50-25-40-55-30-30-20-25
得意:剣術/格闘術
苦手:理学
才能開花:
スカウト:7月~/Lv.(「黒鷲の学級」以外)

HP・力・速さがよく伸びる。技の成長率も高く、個人スキルのおかげで耐久も高め。スペックは高いのだが得意技能には恵まれていない。ウォーマスターになれないので格闘術を使う必要もなく、剣を持つしかない。「雷霆」は彼女の専用武器ではないので、彼女を使わないなら主人公に持たせよう。

育成ルート ソードマスター→貴族★→ソードマスター
技能レベル
基本的にはソードマスターのままでOK。「最大HP+5」を取るくらい。がっつり育成するなら剣を振りながら「命中+20」「鬼神の一撃」の習得を目指す。幸い弓術も斧術も苦手ではない。

シャミア

成長率:35-40-20-55-40-55-20-15-30
得意:槍術/弓術
苦手:信仰
才能開花:
スカウト:9月~/Lv.

守備と魔防が伸びないので、敵の射程外から攻撃できる弓使いは転職。弓使いに必要な技が伸びるのは良いが、全キャラ中1位の幸運成長率は活かしにくい。速さの成長率は低くないが、初期値が低いので終盤まで足を引っ張る。削り目的でなければ「勇者の弓」や「ハンターボレー」をメインにしよう。

育成ルート スナイパー→アーチャー★→スナイパー★
技が伸びるとはいえ「命中+20」は取っておきたい。ひたすら役に立つ。速さ・守備・魔防が低いユニットは攻撃されると追撃されてあっさりやられるので運用には注意。

アロイス

成長率:45-45-20-35-40-30-40-20-40
得意:斧術/格闘術/重装
苦手:理学/飛行
才能開花:
スカウト:2月~/Lv.

HP・力・守備が高めだが、全体的にやや低めの能力値。得意技能を活かしてウォーマスターになるか、フォートレスになるか。どちらになっても活躍できる。ウォーマスターになる場合はブリガンドの「鬼神の一撃」を忘れずに。フォートレスの場合でも、しっかり育成するなら是非ほしいスキル。

育成ルート ウォーリアー→ブリガンド★→ウォーリアーorグラップラー→ウォーマスター★
ブリガンドの「鬼神の一撃」を取ってウォーマスターを目指すルート。アタッカー運用するなら格闘術をメインにする。格闘術と「鬼神の一撃」の相性は抜群。
育成ルート ウォーリアー→フォートレス
壁役になるルート。火力に期待するなら「鬼神の一撃」を取る。がっつり育成するならウォーマスターの「切り返し」を取る。フォートレスになるだけでも十分ではある。

ギルベルト

成長率:55-45-20-45-30-15-45-10-35
得意:槍術/斧術/重装/馬術
苦手:
才能開花:
スカウト:EP.13で自動加入

HP・攻撃・技・守備が伸びる。得意技能から見ても

育成ルート ウォーリアー→ブリガンド★→ウォーリアーorグラップラー→ウォーマスター★
ブリガンドの「鬼神の一撃」を取ってウォーマスターを目指すルート。アタッカー運用するなら格闘術をメインにする。格闘術と「鬼神の一撃」の相性は抜群。

-FE風花雪月

Copyright© サブカルディア , 2019 All Rights Reserved.